2011年09月20日

低身長の原因と副作用

低身長になるには原因がいくつかあります。
セノビックには関係がありませんが、調べたので掲載してみたい
と思います。


低身長になる原因

・成長ホルモンの分泌に問題があるために身長が伸びない
(脳下垂体から分泌される成長ホルモン)

・遺伝により低身長になる
 遺伝率は25%セントと言われています

・食が細くて好き嫌いが多く栄養の問題や食事の偏り

・睡眠不足や運動不足

・ステロイド、プロトピック、エリデルなどによる成長抑制
 (アトピー患者に多く処方されています)


低身長の改善方法など

・睡眠時間を多く取る

・運動をさせて栄養のバランスを考えた食事にする
 (偏った食事は駄目)

・医学的な成長ホルモンの投与
 
・サプリメントなどを使って成長ホルモンの分泌を高める



上記の用に分かれました。
これは個人的に調べたことなので参考程度にしてくださいね☆
家の子供も大学病院に実際に行って低身長の検査を受けましたので、
悩んでいる親御さんの気持ちは十分に解ります。


子供の成長は親の責任みたいな所があるので、私も夫と真剣に
悩んだことが、いっぱいあります。
今では子供の身長も少しづづですが、みんなと同じようにのびて
きているので、少し安心しています。♪


⇒ セノビック記事を最初から読む


posted by セノビック at 14:27| 低身長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする