2015年01月28日

身長の一般的な数値はこのようになっている 例外もあり

身長が一般的な伸びに対して低いのか高いのかが解らない時があります。
色々と調べていると解るんですが、子供の身長がひょっとしたら低くない?
と思った事ありませんか?


カルシウムグミの公式サイトに色々と書かれていましたので簡単にまとめてみました。

生まれてから1年間で25約センチ伸びる
1歳から2歳で約10センチ伸びる
2歳から4歳で約7〜8センチ伸びる
4歳で調度100センチ位になるそうです。

【公式サイト抜粋】
4歳から思春期の到来(一般的には11歳半)までは、年間5〜7cmずつ伸び続けますが、徐々に身長の伸びは減っていきます。11歳前後は年間約5cm程度と、この間では一番伸びない時期を迎えます。
11歳半あたりで思春期を迎えると、2年間は8〜9cmのペースで急激に伸び、その後の3年間は徐々に伸びが減っていき(約4cm→2cm→1cm)、17歳前後で完全に身長の伸びが止まります。思春期のあいだの身長の伸びは、約25cm程度です。


低身長グラフ.png
↑クリックしたら拡大するようになっています


どうでしょうか?
お子さんの状態はつかめましたか?
私は子供と大学病院で低身長の診察を受けるまで知りませんでした(涙)
そして解りやすい画像もあるので上に載せておきます ^^
それと、上記文面は一般的な男の子の話なので女の子はまた別だと思います。
(画像は女の子も載せておきました)


身長が伸びるという事は骨が伸びるという事ですが、基本的には男子は16歳まで
女子は15歳前後になるようです。
私は身長が低くて高校生の頃はすでに身長がとまってました。
でも友達は20歳まで身長が伸びたので結構当てはまらない人もいるんだと
思います。


>> モンドセレクション3年連続最高金賞受賞!子供の成長にカルシウムグミ公式へ




posted by セノビック at 10:06| カルシウムグミ口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする